「美容鍼で小顔になろう!」とか「美容鍼で美肌を手に入れよう!」などという広告を目にすることがありますが、本当にそのような効果があるのでしょうか。美容鍼の効果についてみていきましょう。

東洋医学である鍼治療には、痛みの緩和やコリをほぐすなどの他、自律神経のバランスを整えることで、血流を良くして本来あるべき健康な身体に戻すという効果や、リラックス効果も得られます。

美容鍼による小顔効果とは

美容鍼は、一般に顔から頭皮にかけてのツボに針を刺して治療します。鍼治療では、皮膚のたるみの原因となる筋肉のコリをほぐして、緩めるという作用があります。硬くなってしまった表情筋を緩めることで、頬やフェースラインがすっきりするという効果は期待できます。

しかし、小顔効果ということに関していえば、鍼だけでは難しいといわれています。むくみやコリを取り除くということは可能ですが、一時的な効果ともいえます。また、美容鍼の技術は高度なテクニックが必要とさせているので、施術の際には注意が必要です。

美容鍼による美肌作り

美肌に関してはどうでしょうか。針で傷ついた皮膚は、細胞を元に戻そうとする力が働きます。細胞は活性化してコラーゲン繊維が強まります。弾力が出ることで、シワやたるみに有効とされ、美肌効果があるといわれています。

また、美容鍼によって血液の流れが良くなり、くすみを改善して顔色が良くなりますが、持続性はあまり期待できません。

美容というと顔を中心に考えがちですが、健康な身体づくりには欠かせない、血流を良くするための全身の美容鍼も視野に入れても良いでしょう。普段から血行を良くするための運動や食事にも気をつけましょう。