すべての病気が鍼灸院において、健康保険の適用になるというわけではありません。しかし、特定の疾患に対しては保険が支給されます。詳しくみてみましょう。

鍼灸院で健康保険が受けられる病気

・神経痛…坐骨神経痛など。部位の特定なし。
・腰痛…慢性腰痛やギックリ腰など。
・リウマチ…急性・慢性で各関節の痛みと腫れ。
・五十肩…肩関節の痛みとともに手が挙がらないなど。
・頚腕症候群…頚から肩、腕のしびれと痛み。
・頸椎捻挫後遺症…頚の外傷やむち打ち症など。

その他、これらの症状と類似している症状や疾患も保険が受けられます。

保険の申請手続きについて

①これからかかろうとする鍼灸院に連絡する。
②鍼灸院から同意書をもらう。
③同意書に、日頃診療で通っている病院などで必要項目を記入してもらう。(同意書でなくても病名や症状、発病年月日が記載されていて、鍼灸治療が妥当だと分かる診断書があればよい。)
④記入していただいた同意書と保険証と印鑑を鍼灸院に持参する。その後は鍼灸院で手続きしてくれる。

注意すること

・保険適応の病気では、鍼灸院より先に病院、医院などで受診、治療している必要がある。
・保険を使って鍼灸院で治療している間は、その病気に対して病院や医院での診療は出来ない。その他の病気に関しては病院にかかることが出来る。
・医師の同意を得てから3カ月ごとに同意が必要。但し、その際には同意書でなくて口頭でも可。
・保険の種類により保険適用にならないものや、自分自身で申請しなくてはならないものもあるので注意が必要。

同意書を書いていただくのは、かかりつけの医師が良いといわれています。普段から医師とのつながりも大切にしたいものです。